HOME > 投資信託 > ノムラジャパンオープン

投資信託

←投資信託取扱商品一覧へ戻る

ノムラジャパンオープン

ファンドの特色

  • わが国の株式を実質的な主要投資対象とし、信託財産の成長を目標に積極的な運用を行なうことを基本とします。
  • TOPIX(東証株価指数)をベンチマークとします。
  • ボトムアップ・アプローチをベースとしたアクティブ運用を行ないます。
  • 株価の割安性をベースに銘柄選定を行ないます。
  • 株式の実質組入比率は、原則として高位を維持します。

ファンドのリスク

当ファンドは主に国内株式を実質的な投資対象としますので、組入株式の価格下落や、組入株式の発行会社の倒産や財務状況の悪化等の影響により、基準価額が下落することがあります。また、外貨建資産に投資する場合には、為替の変動により基準価額が下落することがあります。

したがって、投資家の皆様の投資元金は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失が生じることがあります。当ファンドの基準価額の変動要因として、「株価変動リスク」、「信用リスク」、「為替変動リスク」、「有価証券の貸付等におけるリスク」などがあります。

商品分類 追加型株式投資信託/国内株式型(一般型)
買付・換金申込 原則として、いつでも買付・換金のお申し込みができます。
信託設定日 1996年2月28日
信託期間 無期限
申込単位 1万円以上1円単位
購入価額 買付申込日の基準価額
決算日 年2回(2月、8月の各27日)(休業日の場合は翌営業日)
設定・運用 野村アセットマネジメント株式会社

お客さまには以下の費用をご負担いただきます。

申込時に直接ご負担いただく費用

申込手数料(税込) 3.24%

換金時に直接ご負担いただく費用

信託財産留保額 0.30%

保有期間中に間接的にご負担いただく費用

信託報酬(税込) 年率1.6416%
その他費用 監査費用、信託財産に関する租税、信託事務の処理に要する諸費用および受託者の立替えた立替金の利息は、受益者の負担とし、ファンドから支払われます。
有価証券売買時の売買委託手数料等、先物取引・オプション取引等に要する費用および外貨建資産の保管等に要する費用は、ファンドより実費として間接的にご負担いただきます。
「その他の費用」については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を表示することができません。

≪詳しくは、投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。≫